中宮寺 本尊如意輪観世音菩薩半跏像

飛鳥園のあゆみ

出来事

大正十一年

写真家で画家の小川晴暘が会津八一の熱心な勧めを受け、仏像など文化財の撮影に専念のため、朝日新聞社を辞して飛鳥園を創業。以後新しい視点による古美術写真に専念する。

大正十二年

源豊宗の協力を得て飛鳥園に仏教美術社を設立、同十二年には古美術研究専門の季刊誌『仏教美術』を刊行。続いて『室生寺大観』『法華堂大観』などを 初めとした写真大観類のほか、『日本建築史要』『仏教美術叢書』等を出版。また各地で仏教美術写真展や講演会を開催し、昭和初年頃より朝鮮の仏教美術撮影 のために度々渡航する。

昭和四年

会 津八一・天沼俊一・浜田青陵などの諸博士を顧問に迎えて東洋美術研究会を設立し、『仏教美術』を『東洋美術』と改題。安藤更生・板橋倫行らが編集に当り、 季刊誌のほか『正倉院の研究』『醍醐寺の研究』など多数の特集号を刊行。また学生・一般向けの研究資料として『日本美術史資料』シリーズを発行。

昭和十四年・十六年

昭 和十四年と十六年の二度にわたり、小川晴暘はいずれも三カ月余をかけて大同雲岡石窟の撮影と拓本やスケッチなどの資料収集を精力的に行い、その成果を『大 同雲岡の石窟』(日光書院刊)などにまとめるほか、日本橋「白木屋百貨店」などで『大同石窟展』を開催。続いて昭和十八年、アンコールワットやボロブドゥ ルなど、南方諸国の遺跡の撮影を敢行。

昭和二十三年

飛鳥園の経営や撮影は晴暘の三男光三が継ぐ。

昭和二十五年

文化財保護法の制定とともに新しい国宝・重要文化財の指定の為の資料写真の撮影を文化財保護委員会(文化庁の前身)より委嘱され、約五年間全国各地の仏像の撮影に従事。

昭和四十三年

株式会社飛鳥園を設立。文化財とその風土の撮影のほか、社寺の依頼を受けた書籍等刊行物の発行、出版社の依頼による撮影、編集、企画や刊行物に掲載する写真の貸し出し等の業務を幅広く行う。

平成十三年

創業以来八十年の歳月による社屋の老朽化に伴って改築。二階を事務所、一階は写真画廊として、長年蓄積してきた仏像写真を中心に文化財や風土など、我々の祖先が培ってきた心の遺産を、写真を透して紹介する施設として発足することになった。

飛鳥園について仏像写真ギャラリーティーガーデン アクセス仏像講座関連書籍リンク

トップへ